軽度認知障害(MCI)・認知症の専門クリニック
お問合せ:03-6801-8718
デイケア部門:03-6801-8717

忘れる とは?

そもそも記憶を忘れるとこととはどういうことでしょう。一つは、脳の中には記憶が残されているのに思い出すことができない状況です。これがド忘れです。もう一つは、記憶そのものを失ってしまう場合です。

さて、ド忘れや記憶違いは、記憶を思い出すメカニズムから考えるとわかりやすいのです。度忘れとは、鍵となる部分にたどり着けない、あるいはいたどり着けても、関係する事柄までは及ばないことでしょう。また記憶違いとは関連する事柄を集め損なったり、あるいは無関係な事柄を集めたりすることが原因といえるでしょう。

ところで出来事の記憶には、それを経験した順番や場所が正しく保存されることが必要となります。これが乱れては記憶としての意味がなくなってしまうのです。実は海馬には、この順番と場所の流れを正確に記憶する仕組みもあるのです。この機能の調整には、海馬への入口である側頭葉の海馬傍回が関わっています。

加齢とともに、過去の出来事の順番を正しく思い出すことが、難しくなってくる。これはおそらく海馬や海馬傍回の機能が衰えてきたことを示すものかもしれません。

早めに対応すれば、海馬の衰えを防ぐ、または遅らせることができるかもしれません。最近もの忘れが増えたなぁ という方はお気軽に当院までご相談ください。


〒113-0034
東京都文京区湯島1-5-34
東京医科歯科大学医科同窓会
お茶の水医学会館 4階(2〜4階)
 代表・外来部門:03-6801-8718
 デイケア部門: 03-6801-8717


Copyright © メモリークリニックお茶の水 All Rights Reserved.